Web教材一覧ネットワーク

ツイストペアケーブルの種類

キーワード

LAN、ケーブル、UTP、STP、カテゴリー


UTPとSTP

ツイストペアケーブルは、ケーブルの構造から、
   UTP(Unshielded Twisted Pair Code)
     ケーブル内部がツイストペアケーブルだけで構成されている。
   STP(Shielded Twisted Pair Code)
     ツイストペアケーブルをシールドという導線で保護し、そのシールドは両端でアースする。
に区分されます。電気的影響を防ぐにはSTPがよいのですが、高価なので通常はUTPを用いています。

カテゴリー

ツイストペアケーブルは、通信速度や利用目的により、カテゴリーに分類されます。

   カテゴリ        最高通信速度      ケーブル
   カテゴリ3         10Mbps     10BASE-T
   カテゴリ4         16Mbps     トークンリング
   カテゴリ5        100/150Mbps  100BASE-TX、ATM
   エンハンスドカテゴリ5 1000Mbps     1000BASE-T
   カテゴリ6       1000Mbps     1000BASE-TX

1000BASE-T

現在LAN回線で広く用いられているUTPケーブルです。IEEE 802.3abで標準化されています。
 4対8芯の信号線を用い、最大1Gビット/秒の通信速度を実現しています。通信可能距離は最大100m。


本シリーズの目次へ