Web教材一覧ネットワーク

ネットワークの仮想化-SDNとOpenFlow-

キーワード

仮想化、仮想サーバ、VLAN、ネットワーク仮想化、SDN、OpenFlow


仮想化とは

仮想化とは、物理的なハードウェアの構成をソフトウエアにより論理的な構成に見せることです。これにより、ハードウェアの追加や機能の変更を柔軟に行うことができます。

SDN(Software-Defined Networking)

SDNの特徴

SDNは動的ネットワーク仮想化実現ための総合的な概念で、特定の技術を指すものではありません。
 次の二つの特徴があります。

SDNの3レイヤ

SDNでは、LAN機器やコントローラの機能を次の3レイヤに分離しています。

OpenFlow

OpenFlowは、SDNを実現するための代表的なプロトコルです。
 SDNによるデータ転送機能だけをもつスイッチングハブをOpenFlowスイッチ、制御機能を集中したコントローラをOpenFlowコントローラといいます。

個々のOpenFlowスイッチは、コントローラ側から識別するために、Datapath IDという識別子を持ちます。
OpenFlowコントローラには、どのDatapath IDがどの条件のパケットに対してどのような動作を行うかなどを記述した制御テーブルがあり、これを変更することにより、OpenFlowスイッチの構成を変更できます。
 OpenFlowスイッチとOpenFlowコントローラの間は、TCPまたはTLSのプロトコル接続されます。