Web教材一覧ネットワーク

パケット交換

キーワード

パケット交換、パケット


通常の電話では、電話番号をかけて相手にかかってから受話器を置くまでの間は回線を占有します。このような方式を回線交換方式といいます。ところが、データ通信では、Webページ閲覧でもわかるように、利用している時間にくらべて、実際にデータが流れている時間は極度に短いため、この方式は不適切です。
 データ通信では、一般にパケット交換方式を用います。パケット方式では、電文をいくつかの一定の大きさに切断して、それぞれに後述の各種ヘッダをつけたパケット(小包の意味)にします。そして、複数の回線からきた電文を1本の通信回線に混載して送ります。

パケット方式

回線交換方式とパケット交換方式の特徴

      回線交換方式       パケット交換方式
通信路確保 通信中一つの通信路を確保 通信路の共有。パケットによる多重通信
通信信号  アナログ・デジタル    デジタル情報のみ
有線・無線 どちらも使える      どちらも使える
用途    連続的通信(電話)    断続的通信(データ通信)  →注

(注)当初、電話でのパケット交換方式は、安価になるが音質が悪いといわれていましたが、現在では遜色ない状態になっています。携帯電話での電話は、例外を除きパケット交換方式です。スマートフォンでは、回線交換方式とパケット交換方式の両方に対応しています。固定電話は原則として回線交換方式ですがIP電話はパケット交換方式です。
 回線交換方式でもデータ通信は可能です。デジタル回線網が整備されていなかった頃は、コンピュータのデジタル信号をモデムでアナログ信号に変換して通信していました。


本シリーズの目次へ