Web教材一覧ネットワーク

ダイアルアップ接続

キーワード

アナログ回線、モデム、デジタル回線、TA


一般に公衆回線を用いて通信する場合には、公衆回線とパソコンとの接続機器と、ダイアルアップをして相手と接続する機器が必要です。専門用語を用いると下図のようになります。

通信回線が電話回線のようなアナログ回線なのかISDNのようなデジタル回線なのかで、必要となる通信機器が異なります。

アナログ回線のとき・・・モデム
パソコンのデジタル信号をアナログ信号に変調、その逆の復調を行うモデム(MOdulator-DEModulator:変復調装置)が必要です。さらに、自動的にダイアルするNCU(Network Control Unit)も必要ですが、一般にはモデムに内蔵されています。
アナログ回線での接続
デジタル回線のとき・・・TA+DSU
モデムは不要ですが、速度変換や発呼や着信の制御などを行うTA(ターミナルアダプタ)と、デジタル回線に端末装置を接続するための装置であるDSU(Digital Service Unit:加入者回線終端装置)が必要です。多くのTAはDSU機能を内蔵しています。なお、TAはアナログ機器など非ISDN機器をISDNに接続するときのインタフェース変換機能をもっています。
ISDNでの接続

本シリーズの目次へ