マークアップ言語<ネットワーク<Web教材<木暮

Web教材一覧ネットワーク

マークアップ言語

キーワード

ハイパーテキスト、マークアップ言語、SGML、HTML、XML、XHTML、HTML5


マークアップ言語

マークアップ言語の変遷

ハイパーテキストとは,ある文書の任意の個所に,他文書へのリンクを埋めこんで,複数の文書を連結できるようにした文書のことです。
 マークアップ言語とは,適当な記号により文書の構造を明示する言語のことです。
 マークアップ言語は,右図のような変遷により発展してきました。

SGML(Standard Generalized Mark-up Language)
CALSの普及により,仕様書などのデジタル文書を企業間で共有する必要性が重視され,1987年にISO化され,アメリカ国防総省などの公文書フォーマットとしても採用されるなど普及しました。
しかし,SGMLの文法は複雑であり,タグの構造を明記する必要がある(DTD。XMLスキーマに相当)など,専門家以外には使いにくいものでした。
HTML(HyperText Markup Language)
1989年にティム・バーナーズ=リー(Tim Berners-Lee)はWWW (World Wide Web)を考案しました。そして,1990年代初頭に,SGMLを参考にして,誰にも使いやすいマークアップ言語であるHTMLを開発しました。
HTMLでは,あらかじめ定めたタグのみを使用することにより,専用のDTDを決めて文書ごとに指定する必要がなくなり,理解しやすく使いやすいものになりました。
その後,HTMLはW3C(World Wide Web Consortium)により標準化が行われ発展してきました。W3Cは後述のXMLやXHTMLの標準化団体でもあります。
XML(Extensible Markup Language)
XMLは,SGMLの利点を継承しつつ,HTMLの使いやすさを取り入れた言語です。1996年にW3Cから草案が出され1998年にXML1.0が勧告されました。XMLは,インターネットでのデータ交換に広く利用されつつあります。
XHTML(Extensible HTML)
HTMLが普及するのに伴い,表示方法を重視するタグが多く作られ,本来の文書構造を明確にするという目的から外れてしまいました。それで,HTML4版では,表示関連タグ非推奨として,原点に戻るようにしました。
2000年にW3Cは,HTML4をXMLをベースとして再形式化したXHTMLを勧告しました。しかしその後 W3Cは、XHTML2の策定を打ち切り、XHTMLは自然消滅したようです。
HTML5
一時,HTMLは4.01版で固定し,今後の発展はXHTMLに移行しようという動きがありました。ところが、XHTMLへの移行はあまり進まず、その間に、Webによるビジネスが発展して、HTMLでWebアプリケーションを記述する必要性が多くなり、AjaxなどW3C以外から提案される機能が普及してきました。それで、HTMLの新バージョンであるHTML5が策定されました。
現在では、ほとんどのブラウザはそれに対応しており、Webページの大部分はHTML5で記述されています。

DTD

HTML、XML、SGMLなどのマークアップ言語は、タグを用いて、それぞれの文法に従って記述されます。
 DTD(Document Type Definition、文書型定義)とは、文書中に用いることができる要素や、要素が持つことのできる属性、要素間の順序・包含関係などの規則を列挙したものです。個々のマークアップ言語は、それぞれのDTDがあります。

最初のマークアップ言語であるSGMLでは、個々の文書でDTDを記述する必要があり、文書作成の自由度は高くなりますが、実際に文書を作成するのには高度な知識が必要で、作成は面倒なものでした。
 HTMLでは、作成を容易にするために、標準的なタグに限定して、タグは定められた意味を持つことにしました。 <!DOCTYPE ~ > のDOCTYPE宣言をするだけでDTDを記述したことになります。さらに、HTML5では個別にDTDを定義すること(独自のタグ定義)はできなくなりました。
 XMLは、その中間的な存在で、DTDが重要になりますが、DTDに代えて他のスキーマ言語(RELAXやXML Schema)を用いるようになりました。また、XML文書が文法に合致しているかを自動的にチェックするXMLパーサなどもあります。