Web教材一覧ネットワーク

最近のインターネット回線サービス

キーワード

広域イーサーネット、インターネットVPN、IP-VPN、VoIP


広域イーサーネット
通常のイーサーネットはLAN内に閉ざされていますが、スイッチングハブを組み合わせてインターネットと接続し、遠隔地の複数LAN間で、あたかも同一イーサーネットLANのように利用できる環境を提供するサービスです。
インターネットVPN
VPN(Virtual Private Network:仮想私設通信網)とは、公衆回線をあたかも専用回線であるかのように利用できるサービスです。
インターネットは不特定多数が利用できますが、インターネットVPNではIPsecを使用して仮想的なトンネルを設定しユーザ認証やデータを暗号化して、同一企業での事業所間や関係企業間など限定された利用者だけが利用できるようにしたものです。
IP-VPN
インターネットVPNと同様に、限定された利用者のみが利用できるインターネットですが、インターネットVPNは一般のインターネットを利用するのに対して、IP-VANは、通信事業者(プロバイダ)独自にセキュリティ対策を講じて構築した閉域ネットワークを用います。そのため、コストは高くなりますが、品質や信頼性に優れています。
VoIP(Voice over Internet Protocol)、IP電話
音声データをTCP/IPを用いてインターネットを介して送受信する技術です。途中のネットワークが通信事業者内のネットワークなのかインターネットを経由するのか、電話機を使うのかパソコンを使うのかなど多様な形態があります。

本シリーズの目次へ