Web教材一覧ネットワーク

グローバルIPアドレスとプライベートIPアドレス

キーワード

グローバルIPアドレス、プライベートIPアドレス、NAT、IPマスカレード


IPアドレスを有効に使う手段の一つにプライベートIPアドレスがあります。 インターネットと直接につながっているホストに与えるIPアドレスをグローバルIPアドレスといいます。その一部の範囲のIPアドレスをプライベートIPアドレスとして、それは組織内で勝手に使えるようにしたものです。
 グローバルIPアドレスは外線の電話番号、プライベートIPアドレスは内線番号と考えるとよいでしょう。外線番号は世界中で同じものはないのに、会社Aと会社Bでたまたま同じ内線番号があっても困らないのと同じです。

プライベートIPアドレスを持っているホストがインターネットを使いたいときは、一時的にグローバルIPアドレスを与える必要があります。それを行うのに、NAT(Network Address Translation)やNAPT(Network Address and Port Translation:IPマスカレードともいう)があります。
 NATは、一つのプライベートIPアドレスに一つのグローバルIPアドレスを割り付けます。そにため、4個のグローバルIPアドレスをもっている組織では、同時に4台のホストしかインターネットと接続できません。
 それにたいして、IPマスカレードは1つのグローバルIPアドレスをポートごとに分解してプライベートIPアドレスに割り付けられるので、多くのホストが同時にインターネットに接続できます。


本シリーズの目次へ