Web教材一覧ネットワーク

ドメイン名の体系

キーワード

トップドメイン、セカンドドメイン、gTLD、ccTLD


ドメイン名には、.com のもあれば、.co.jp や .ac.jp などもあります。この .com や .jp をトップドメインといい、.co や .ac などをセカンドドメインといいます。トップドメインはICANNという世界的な組織が管理し、.jp をトップドメインとして持つもののセカンドドメインは日本のJPRSという組織が管理しています。

ドメイン名の分解

主なトップドメインとセカンドドメインを掲げます。

gTLD(ジェネリック)ccTLD(国別)一部.jpドメイン
一般トップドメイン com企業
net通信サ-ビス
org非営利組織
国際トップドメイン int国際機関
アメリカのみで使用される
特殊なトップドメイン
edu教育機関
gov政府機関
mil米軍
jpJapan(日本)
cnChina(中国)
krKorea, Republic Of(韓国)
ukUnited Kingdom(イギリス)
frFrance(フランス)
tvTuvalu(ツバル)
toTonga(トンガ)
属性.jp
ドメイン
ac高等教育機関
ed初等教育機関
co(営利)企業
go行政関連機関
or一般の団体
adJPNIC会員
ne通信サ-ビス
地域.jpドメイン .tokyo(東京都)
.nagoya(名古屋市)
地域組織・個人
汎用.jpドメイン 任意の名称
日本の組織・個人

gTLDでのセカンドアドレスとccTLDでのサードアドレスは、申請により自由な名前をつけることができますが、既存の名前と同一の名前はつけられません。このルールにより、ドメイン名は世界で唯一の名前であることが保証されます。
 ドメイン名より右の部分、すなわち www.kogures.com の www の部分は、Webサイトの管理者が自由につけることができます。kogures.com のドメイン名を持っていれば、www.kogres.com や mail.kogres.com など、いくつものホストを持つことができます。

ドメイン名関連トピックス

ドメイン区分規則はあいまい
これらのドメイン区分の規則はかなりルーズです。さすがに「go」や「mil」などは勝手につけられないでしょうが、一般ドメインや地域ドメインなどは、申請者が自由に選択できる環境になっています。kogures.comは、私が持っているドメインですが、私は(米国ではなく)日本に住んでおり、運営契約しているプロバイダも日本の会社です。そしてこのサイトは(企業ではなく)一般の個人用途です。
ドメイン名取得と商標権
ドメイン名の取得は「早い者勝ち」です。ある会社と関係のない者がその会社名や商品の名称のドメイン名を取得すると、その会社はそれが使えません。それを利用して、関連するドメイン名を取得しておき、高値で引き取らせるという問題が発生します。
逆に、商標権は、その名称の独占権であり、第三者が勝手に使ってはいけないと定められています。そのため、善意の者が取得したドメイン名を、商標権者から訴えられることがあります。
日本語JPドメイン名
以前はドメイン名は英数字だけでしたが、現在では日本語も使えます。例えば「おいしいお菓子.jp」なども使えるので、ドメイン名そのものが広告・宣伝の手段になります。
もっとも、日本語そのものでインターネットを流れるのではなく、入力されたURLのうち、ドメイン名部分をPunycode変換により英数字とハイフンの文字列に変換しているのですが、利用者はそれを意識する必要はありません。
短縮URL
Webページ(やTwitterページ)の所有者がサービスサイトにそのページの短縮URLを申請すると、サービスサイトは元のURLと短縮URLの対応表にそれを登録します。その仕組みを組み込んだブラウザもあります。閲覧者がその短縮URLを入力すれば、元のURLのWebページにアクセスできます。Twitterなどで広く使われてます。

本シリーズの目次へ