CSMA/CD<ネットワーク<Web教材<木暮

Web教材一覧ネットワーク

CSMA/CD

キーワード

LAN、制御方式、CSMA/CD、イーサーネット、衝突


CSMA/CD方式(Carrier Sense Multiple Access with Collision Detection:搬送波感知多重アクセス/衝突検出方式)は、イーサーネットのメディアアクセス制御方式です。
 メッセージが流れているか確認するすることをCS(キャリア検知)といいます。メッセージが流れていなければ、ネットワーク上のすべての機器に対して通信開始のメッセージをります。それをMA(多重アクセス)といいます。メッセージが流れているときに送信しようとすると衝突(コリジョン)がおこりますので、乱数を発生させてその時間だけ待ち、その後送信を試みます。
 そのため、トラフィック(回線を流れるデータ量)が回線容量に近くなる(30%程度)と、急激に効率が悪くなります。
 なお、通信を受ける側は、それが自分宛なら通信を受け付け、自分宛でなければ無視します。



本シリーズの目次へ