Web教材一覧システムの活用

CAD/CAM

キーワード

製造業、CAD、CAM、CAE


製造業での設計や生産にはコンピュータが活用されています。

CAD(Computer Aided Design)
コンピュータによるデザイン(設計)支援のことで,機械や設備の設計をコンピュータで行うことで画像処理技術が利用されています。
・従来は手書きしていた設計図をコンピュータで作図する。
・長方形や球体などの基本図形を組み合わせて複雑な部品の設計図にする。
・複雑な立体部品から、三角図法による設計図を作成する。
・設計図から立体表示をする。回転表示などができる。
単に製図するだけでなく,強度計算や材料計算などの機能を持つものもあります。
CAE(Computer Aided Engineering)
コンピュータ技術を活用して製品の設計、製造や工程設計の事前検討の支援を行うことです。
製品化するには、強度や振動など多様な品質性状を調べる必要があります。それには試作品を作り実験するのがよいのですが、それには費用や時間がかかります。実際に試作品を作るのではなく、コンピュータにモデルを作って仮想実験をすることをシミュレーションといいます。それを支援するのがCAEです。
CAEには強度計算や振動計算などの科学技術計算プログラムのライブラリもあります。
CAM(Computer Aided Manufacturing)
コンピュータによる製造支援のことです。CADやCAEで設計したデータを実際の生産加工に用いるデータに変換して、設備や機械を自動制御します。それをNC(Numeric Control:数値制御)といいます。

CADとCAMを総称してCADAMということもあります。


理解度チェック: 正誤問題選択問題
過去問題