Web教材一覧システムの活用

電子マネーとポイントの種類と定義


電子マネーとポイント(マイレージも含む)には基本的な違いがあります。

            電子マネー    ポイント
    入金の性格   決済手段     値引(おまけ)
    入金する者   消費者(利用者) 企業(店舗)

しかし、実際のカードでは、ポイントにチャージができたり、電子マネーにポイントを蓄えたりできる両方の機能をもつことが多く、どのカードがどちらに属するかを明確にすることは困難です。

電子マネーとは、プリペイド方式(利用する前にあらかじめ入金(チャージ)をしておく)の電子的小口決済手段です(後払いのものもありますが、その比率は小さい)。
 これはさらに、IC型とサーバ型に区別できます。
 IC型(媒体型)とは、SuicaのようなICカード(非接触ICカード)やおさいふケータイのように金銭価値を媒体側に記録するものです。現在では、これが大部分を占めています。
 サーバ型(ネットワーク型)とは、BitCashのように、電子マネー運営事業者のコンピュータ(サーバ)上に記録されており、IDやパスワードで本人確認をして、指定した支払先に振り込むものです。銀行のオンラインサービスと似た機能をもっています。

歴史的には、サーバ型のほうが先に話題になりました。1990年代初頭にはオランダでデジキャッシュ社が設立され、中頃には e-Cash や Mondex などの電子マネーが出現しました。日本でも実証実験が行われましたが、あまり普及しませんでした。それが、インターネットの普及、利用形態の変化により、小口支払手段として、最近再び注目されています。
 また、携帯電話が普及する以前にはテレフォンカードが普及しましたが、これは利用用途が限定されているので、電子マネーとは性格が違います。また、クレジットカードが普及していますが、小口決済には不適切(日本の慣習上)ですし、加入する条件や手続きが煩雑で、盗難にあったときのリスクも大きくなります。その点、電子マネーは手軽に利用できることから、日常的に利用されるようになりました。

ポイントは、顧客の囲い込み手段として、従来からポイントカードがありました。当時は単独企業内あるいは単独店舗内での通用でしたので、それを通貨だとするのには無理があり、ここでの対象にはなりません。それが最近では、多数の企業間で使えるようになり、さらには他のポイントへ移すこともできるようになり、通貨としての性格が強くなりました。

電子マネーあるいはポイントは、発行者により、次のように区分することもできます。