Web教材一覧システムの活用

BtoCでの決済手段


BtoCでは、代金の支払いをどのような手段で行なうかが重要な課題になります。主な支払手段には次の種類があります(支払手段の利用度)

オフライン決済

インターネットでは単に注文を受けるだけで、実際の支払いは実社会で行なう方法です。支払が便利になるわけではありませんが、従来からの方式と同じなので安心できます。

従来の決済方法のオンライン化

電子マネー

エスクローサービス

エスクロー(escrow)サービスとは、店舗と消費者の間の仲介をして、取引の安全を保証する仕組みです。
 消費者が買い物をしたとき、その代金をエスクローサービス事業者に預託します。店舗は、その預託を確認してから配送するので、代金を必ず受け取れます。消費者は、商品が良品であることを確認した時点で、エスクローサービス事業者に店舗への送金許可を行うので、詐欺にあう危険がありません。安全な決済手段ですが、一般の取引では未だ普及していません。


理解度チェック: 正誤問題選択問題