運用保守<システムの調達<Web教材<木暮

Web教材一覧システムの調達

運用保守(ITサービス)

部品: 運用保守の方法ITIL(std)、 SLA(std)

表示が不十分なときは、□をクリックすると、その部分が別ウインドウに表示されます。

学習のポイント

システム開発が完了して実稼働に入り、その後、状況に合わせて小規模な修正が行われ、最終的に現行システムを廃棄して新規システムを開発するまでのプロセスを対象にします。
 「運用保守の方法」では、稼働への移行、保守の方法、保守管理など、基本的な概念を扱います。  運用保守はITサービスといわれています。ITサービスの内容や利用者とサービス者との任務に関する基準であるITIL、サービスレベルの合意に関するSLAの概要を示します。


運用保守の方法


ITIL


SLA


過去問題: 運用保守の方法ITILSLA