Web教材一覧システム調達

システム外注の手順 選択問題


  1. 情報システム開発の仕様や発注先を決定する手順として、一般的に最も適切だとされるものはどれか。

    • ア 最初に発注するベンダを決定し、発注者とベンダが協力して、構築すべき情報システムの仕様を決める。
    • イ 社内で構築すべき情報システムの基本方針を決定し、数社からの提案を受け、その提案を検討して発注先を決定する。
    • ウ 社内で情報システムの仕様を決定し、多数のベンダに競争入札をさせて、発注先を決定する。
    • エ 社内で情報システムの仕様を決定し、その開発に適しているベンダを調査して、そのベンダに指名発注する。

    【解答】

    正解:イ

    社内だけで仕様を決定するのは困難→ウ・エは×
    適切なベンダを選択するには提案を求める必要がある→ア・エは×
    参照:システム外注の手順

  2. 情報システムの開発(プログラミングなどの下流工程)契約を結ぶまでの手順として、一般的に最も適切だとされるものはどれか。
     ア 業務要件の検討→RFIの発行→RFPの発行→提案書の検討→開発契約
     イ 業務要件の検討→RFIの発行→提案書の検討→開発契約→システム仕様の決定
     ウ 業務要件の検討→RFPの発行→提案書の検討→システム仕様の決定→開発契約
     エ 業務要件の検討→システム仕様の決定→RFPの発行→提案書の検討→開発契約

  3. 【解答】

    正解:ウ

    RFIは単なる情報提供依頼で提案を求めるものではない→ア・イは×
    RFPにより提案を受け、開発すべきシステムの仕様を明確にしてから、開発契約をする。
    参照:システム外注の手順

  4. RFPおよび提案書に記載されている情報システムへの要件に最も近い要件の組合せとして、最も適切なものはどれか。
     ア RFP:事業要件    提案書:業務要件
     イ RFP:業務要件    提案書:業務要件
     ウ RFP:業務要件    提案書:システム要件
     エ RFP:システム要件  提案書:ソフトウェア要件

    【解答】

    正解:ウ

    RFPは利用者がまとめた要件→業務要件
      事業要件は経営戦略や情報化戦略からの要件
    提案書は開発者が利用者へ示した要件→システム要件
      ソフトウェア要件はプログラマなどに示すもの
    参照:システム外注の手順要件定義でのトップダウンとボトムアップ