Web教材一覧システム調達

システム外注の手順 正誤問題


  1. 開発するべき情報システムへの業務要件を検討するのにあたり、ITの動向や類似業務のシステム化について専門家に情報提供を依頼することをRFPという。
    × RFI
  2. 情報システム開発の外部委託先を決定するプロセスは次のようになる。 RFPを複数のベンダに送付して、回答のあった提案書を検討して、数社の候補に絞り、ヒアリングなどをして一社に仮決定し、双方で協議して最終的にシステム仕様書を作成して、その開発の役割分担や費用など詳細について合意に達したら、そのベンダに決定して開発契約を締結する。
  3. 情報システム外注におけるRFPの内容は情報システムへのシステム要件、ベンダからの提案書はソフトウェア要件が示されている。
    × RFPは業務要件、提案書はソフトウェア要件に相当
  4. RFPを配布する以前に、提案書の評価基準について社内合意をしておくのが望ましい。また、評価しやすいように、RFPで提案書の項目を指定しておくのが望ましい。