Web教材一覧経営と情報

資金調達

キーワード

資金調達、銀行融資、増資、社債、転換社債、CB、ベンチャーキャピタル、エンジェル投資家、個人投資家補助金、助成金、クラウドファンディング


資金調達

会社を運営するには、新事業への投資や日常の運用など、資金が必要です。企業活動で得た自己資金だけでは不十分で、外部からの調達が必要になります。

資金調達は、次の3つの観点で分類できます。
 ・調達先:金融機関、株式市場、ファンド、個人など
 ・返済義務:通常、「融資」は返済義務あり、「出資」「補助金・助成金」は義務なし
 ・調達条件:上場の有無、経営成績など

上場企業とベンチャー企業では、事情が異なります。上場企業ならば増資の公告をするだけでも調達できるでしょうが、ベンチャー企業が未公開株を売りに出しても奔走しなければ売れないでしょう。銀行などからの融資査定では大きな差があるでしょう。

上場企業での資金調達

ベンチャー企業の資金調達

ベンチャー企業は規模や実績、信頼性などの要因から、資金調達で不利な立場にあります。しかし、経済の活性化や発展のためには、健全なベンチャー企業の育成は重要ですから、多様な政策や手段が提供されています。

出資

返済の必要がなく、利息もかかりません。

融資

融資は借金ですから返済の義務があります。貸手は返済能力を重視しまうので、民間銀行では敬遠しがちな傾向があります。

補助金や助成金

特別な分野や申請条件を公示して、それに適合するベンチャー企業などに、資金を提供する制度dす。原則として返済の必要はありません。

クラウドファンディング

クラウド(不特定多数)からのファンディング(資金調達)を得ること、インターネット上で事業の情報や製品のアイデアを公開し、多くの人から資金を調達する方法です。