スタートページWeb教材一覧ハードウェアとソフトウェア

TSS端末


1970年代に,1台のメインフレームに多数の端末(当時は「クライアント」といわず「端末(ターミナル)」といっていました)を通信回線で接続して,TSS(Time Sharing System:時分割方式)により共同利用する方式が普及しました。これにより,情報システム部門以外の人が直接にコンピュータを操作するEUC(End-user Computing)が普及しました。

当初の端末(クライアント)は,タイプライタに通信回線をつけたようなものでした(Silent 700の写真)が,すぐに、キーボードとディスプレイになりました。このときの利用では、すべてのデータやプログラムはメインフレームにあり、クライアントの指示により、すべての処理をメインフレームで行う形式でした。クライアントは入力をすることと結果を表示するだけでした。何もしないという意味で「ダム端末」(ノンテリジェンス端末)ということもあります。

すべての処理をメインフレームで行うのですから、個別のアプリケーションごとに入出力画面をプログラムで作成する必要がありました。それで、アプリケーションごとに個別のファンクションキーを割り付けるなど,標準化されていない状態でした(反面、それなりに操作しやすい工夫はできましたし、また,あるアプリケーションを利用している間は,一つのセッションとして管理できたので,画面の切り替えやデータベースとのデータ交換などは,案外容易にできたのです)。
 また、当時の画面は、現在のようなGUI(Graphical User Interface)ではなく、文字だけのCUI(Character-based User Interface)で,文字と枠だけの非常にシンプルなものでした(CUI画面の例)。