スタートページJavascriptCANVAS

機械機構 カム機構


左図のようなカムがあります。カムは中心Oが回線軸に接続しており時計回りに回転しています。そして、上部に接触点Pがあり、カムの回転により上下に移動します。右の表はカムが一回転したときの、Pの上下移動の軌跡を図示します。

カムが円(黒)であれば、回転による上下運動は発生しないので、Pの軌跡はX軸と一致します。

青線のような軌跡にするには、180°までは等間隔にに半径を大きくして、180°で最大1.5にします。等間隔渦巻きになります。180°以降はそれと対象に半径を等間隔に短くして、360°で元に戻ります。

赤線のような三角関数の軌跡にするには、0~90°では次第に半径を短くし、90°のときは0.5までにして、その後半径を大きくして180°で半径1、270°で1.5に、そしてその後は次第に短くして360°でで元に戻ります。
図からは判然としませんが、赤のカムは黒の円の周りをsin曲線が回っている形状になります。

ここで問題です。カムが緑のような形状のとき、Pの軌跡はどのようになるでしょうか?